今後起こり得る巨大地震への備えとは

今年が2011年に発生した東日本大震災から10年という節目にあたることから、その振り返りと今後起こり得る巨大地震への備えをテーマにした、オンラインセミナー「巨大地震に備える~東日本大震災から10年~」(主催:日本損害保険協会)が3月2日に開催されました。

セミナーでは、小学5年生のときに、宮城県東松島市で震災を経験し、現在は語り部として震災を伝承している雁部那由多さんが、東日本大震災当時の状況の振り返りや震災への向き合い方について講演しました。続いて、岩手県大船渡市で震災を経験された谷地保険事務所の榊原昌宏さんが、震災現場での損害保険業界の取り組みやお客様の生活を支える損害保険代理店としての使命について講演しました。

パネルディスカッションでは、専門家の方から公助・共助・自助の観点で「巨大地震に対してどのような備えを行えばよいか」をテーマに論議が進む中で、2020年度の地震保険広報キャラクターを務める俳優の中尾明慶さん・女優の仲里依紗さん夫妻が生活者の視点からディスカッションにゲスト出演しました。

詳しいセミナー内容や当日の映像はこちらから

Sponsored by 日本損害保険協会

セミナー出演者たち

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS