「流域治水」に取り組もう! 水災害から命を守るために、今みんなでできること

力をあわせて「流域治水」を

日本では大雨が多く、川が氾濫するなどの「水災害」が起きることもしばしば。特に最近は激しい雨が降る回数も増えているため、不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

いちばん大事なのは、普段から水災害やその被害を防ぐ対策をしておくこと。そのため国土交通省では、河川の流域に住む皆で力をあわせて対策を行う「流域治水(りゅういきちすい)」という考え方を推進しています。

流域治水のポイントは、氾濫や被害対象を減らすこと、そして被害があっても早めに復旧・復興できること。これを実現していくには、国や自治体はもちろん企業や個人にできることもたくさんあります。例えば個人なら、普段から避難について考えておくことも対策につながります。

自治体の事例から学ぶ・倉敷市の「黄色いタスキ大作戦」

では、実際に流域治水に取り組んでいる街は、どんなことをしているのでしょうか。2018年の西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備町では、今後水災害が起きた場合に備えて「黄色いタスキ大作戦」を行っています。

これは、地域の人々に「無事です」と印刷された⻩色いタスキを配り、防災訓練の日に玄関先に結びつけてもらうもの。実際に水害が起きて避難しなければならなくなったとき、家を出る前にこのタスキを玄関に結んでおけば、自分たちが無事に避難していると近隣に知らせることができ、周囲の人々の安心にもつながります。

西日本豪雨被災時には、どの世帯が逃げ遅れていてどの世帯が無事に避難できているかの把握に大変な労力や時間がかかったことから、それを教訓として発案されました。

この作戦を行う川辺みらいミーティング実行委員の松本竜己さんと、川辺復興プロジェクトあるく代表の槙原聡美さんは、「逃げ遅れゼロを目指して、住民の方々に早めの避難がいかに重要かを知ってもらい、皆さんの命を守ることにつなげたい」と語ります。

街や住民全体で取り組みを

日頃から「避難」を意識しておくことは、いざというときに自分や家族の命を守ることにもつながります。また、逃げ遅れていないかどうかといった確認がスムーズにできるため、本当に助けが必要な人や場所に力を振り向けることも可能になります。

これらは被害対象を減らすことにもつながるため、流域治水の実践例として大きな意義がある取り組みと言えるでしょう。

逃げることは、すなわち命をつなぐこと。真備町の取り組みはこの意識を向上させるとともに、隣近所での共助を促進し、地域内のコミュニケーション活性化にも役立ちます。

松本さんと槙原さんは「災害に一人で立ち向かって命をつなぐのはとても難しい」と、町や住民がひとつになって水災害対策に取り組むことの大切さを訴えます。

「私たちは、家族と地域の皆がしっかりつながってこそ命をつないでいけるのだと考えています。多くの住民が避難行動を自分ごととして工夫する町、そして皆で命をつなぐ地域になっていけるようにしたい。子どもたちの未来に向けて、今後も皆がつながって楽しく暮らせる地域にしていけるといいなと思っています」

「私たちは、家族と地域の皆がしっかりつながってこそ命をつないでいけるのだと考えています。子どもたちの未来に向けて、今後も皆がつながって楽しく暮らせる地域にしていけるといいなと思っています」

Sponsored by 国土交通省

無断転載禁止

この記事をシェアする

新着記事

公式SNS